LC研究懇談会会員で、LC科学遺産候補の推薦を希望される方は、下記の規程(抜粋)及びLC研究懇談会ホームページを参照の上、2022年8月末日迄に推薦書類を提出先にお送り下さい。なお、認定が決定されたLC科学遺産については、第28回LC & LC/MS テクノプラザ(2023年1月を予定)において、当事者から申請内容の概要を発表若しくは展示して戴くと同時に、LC懇の電子ジャーナル「LCとLC/MSの知恵」への投稿を行って戴きます。

第2条「液体クロマトグラフィー科学遺産」とは、日本における液体クロマトグラフィー(LC)の発展にとって、歴史的な観点から顕著な貢献があったと認められるものを指す。
 
2「液体クロマトグラフィー科学遺産」は、年度ごとに1件以内を認定する。
 
3装置・器具類においては、その動作原理が日本初若しくはそれに準じたものである事、又はその性能が従来のものより格段に優れている事を要する。
 
4技術・方法においては、従来のものより効率、再現性、操作性などが格段に優れている事を要する。

推薦書類
A4判スペースに横書きで記入した以下の書類(各1通)。
① 推薦理由書(会員番号明記)、② LC科学遺産候補の名称(40字以内)とその概要、③ LC科学遺産所有者名、④その他、適当と思われる資料(1件)を提出しても良い。
提出先
LC科学遺産認定委員会
(電子メールアドレス:nakamura@jsac.or.jp