LC懇は電子ジャーナル「LCとLC/MSの知恵」(「Wisdom for LC and LC/MS」)を会員誌として発行致しました。
 LC、LC/MS或いは関連手法に関する有らゆる内容を対象としますので、会員の皆様の投稿を期待します。

本誌名
LCとLC/MSの知恵 (英名:Wisdom for LC and LC/MS)
閲覧制限
なし。
オープンアクセスジャーナルですので、どなたでも制限なく閲覧出来ます。
発行
当面は年間に2回(6月と12月)発行します。
軌道に乗り次第、年間発行回数を増やします。
投稿方法
をご参照ください。



 本誌の創刊号が2020年12月15日、LC懇ホームページに掲載されました。
 第2号を以下の要領で募集致しますので、会員の皆様には積極的に投稿下さる様、宜しくお願い致します。

をご覧戴き、ご不明な点がございましたら編集委員にお問い合わせ下さい。

発行時期
2021年6月
原稿締切
2021年5月20日(木)
募集ジャンル
報文、ノート、技術論文、速報、総合論文、解説、トピックス、提言。


LCとLC/MSの知恵(Wisdom for LC and LC/MS) ISSN 2436-1194

【PDF 10.0MB】
2020年第1号(通巻第1号) 令和2年12月15日発行
【目次】
・巻頭言
   電子ジャーナルの発刊に当たって
  (LC懇委員長、編集委員長)中村 洋
・祝辞
   開門‼を祝す
  (特定非営利活動法人病態解析研究所)星野忠夫
・総合論文
   シリカ系逆相固定相の姿・状態・相互作用等に関する考察 その1
  (クロマニックテクノロジーズ)長江徳和
・報文
   タンパク質のLC/MS分析へ向けたモノリス形シリカミクロトラップカラムの開発
  (信和化工)小林宏資
・技術論文
   HPLCによる1-アリールエチルアミン類の鏡像異性体分離におけるキラル固定相の性能比較
  (住化分析センター)西岡亮太
・解説
   テレワーク時代のHPLCシステム ~ マルチメソッドLCによる自動化・省力化とリモートワーク
  (アジレント・テクノロジー)郡 明雄、熊谷浩樹
・トピックス
   スキルギャップを埋める新しいベンチマークAnalytical Intelligence
  (島津製作所)小寺澤功明、尾坂裕輔、松本恵子、渡邊京子
・シリーズ 「試料分析の定石とコツ」
   企画の趣旨について
  (編集委員長)中村 洋
   総論(前処理編)
  (東京理科大学)中村 洋
・会員動向
   忙しいながら楽しい田舎暮らし
  (元 JX金属)松崎幸範
   当社における液クロ分析の状況
  (フマキラー)嶋口 翔
・団体会員紹介
   サンスターと分析技術
  (サンスター)藤田深咲
・新会員紹介
   液体クロマトグラフィーとのかかわり
  (三菱ケミカル)前中佑太
・投稿規程
・LC懇カレンダー
・奥付