主催
千葉県分析化学交流会
後援
(公社)日本分析化学会関東支部,(公社)日本分析化学会液体クロマトグラフィー研究懇談会,(公社)日本分析化学会分析士会
協賛
日本大学薬学部,アジレント・テクノロジー(株),島津製作所
期日
2020年1月24日(金)
会場
日本大学薬学部

交通:東葉高速線「船橋日大前駅」下車徒歩7分

参加費
第1部:1,100円
第2部:4,400円
(当日受付にてお支払いください)
申込方法
①第1部、第2部いずれに参加するか、②氏名、③所属、④連絡先情報(メールアドレスなど)を明記して、下記申込先に電子メールで申し込んでください。
詳細は日本分析化学会関東支部ホームページ(URL:https://kanto.jsac.jp/)を参照。
申込期限
2020年1月10日(金) 17時
申込先
千葉県分析化学交流会会長 中村 洋
メールアドレス:nakamura@jsac.or.jp


プログラム

受付開始 (13:00~)

第1部 学術講演会(13:30~17:00)

13:30-13:35
開会挨拶
元日本分析化学会会長、千葉県分析化学交流会会長  中村 洋
13:35-13:45
歓迎挨拶
日本大学薬学部長 本橋重康
13:45-14:35
講演1 スポーツ日大によるアンチ・ドーピング教育研究拠点の確立をめざして
日本大学薬学部教授 榛葉繁紀
14:35-15:25
講演2 薬物乱用の概要と千葉県の対策
千葉県衛生研究所 吉田智也
15:25-16:05
学内実習施設案内
16:05-16:55
講演3 液-液分配は物質分離をどこまで可能にするか-向流クロマトグラフィーの挑戦-
日本大学薬学部教授 四宮一総
16:55-17:05
記念撮影

第2部 情報交換会(17:10~19:30) 日本大学薬学部多目的ホール