主催
(公社)日本分析化学会液体クロマトグラフィー研究懇談会
期日
2021年5月27日(木)13:00~17:00
会場
Zoom オンライン例会
講演主題
上手い、易い、速い! LC及び LC/MS分析効率化の方法について
開催趣旨
民間企業等における分析の現場では、再現性の高い結果が迅速に得られる簡便な分析法を求められるシーンが多くあります。
しかし日常の業務に追われる中では、分析法の迅速化・簡便化に関してじっくり取り組むことが難しい方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、そうした分析法開発のヒントとなる手法を幅広くご紹介いただきます。
講演
講演主題概説(オーガナイザー)(13:00~13:05)

(フマキラー())嶋口 翔(LC 分析士初段)

1.今すぐ出来るHPLCの高速化(13:05~13:35)

(アジレント・テクノロジー())熊谷浩樹(LC 分析士四段、LC/MS 分析士二段)

2.LCを用いる分取精製のコツと効率化(13:35~14:05)

(東ソー())伊藤誠治(LC 分析士五段、LC/MS 分析士二段)

3.明日からできるLC,LC/MS における再現性向上と時短テク(14:05~14:35)

(日本分光())寺田明孝(LC 分析士三段、LC/MS 分析士二段、IC 分析士初段)

4.Deep Learningによるピーク検出がもたらすLC/MSデータ処理の効率化(14:35~15:05)

()島津製作所)岡本真美(LC/MS 分析士三段)

休憩(15:05~15:25)
5.タンパク質分析を容易にしたいカラム技術開発(15:25~15:55)

(信和化工())小林宏資(LLC分析士三段、LC/MS分析士初段)

6.迅速な分析がもたらすメリット・デメリット(15:55~16:25)

() 東レリサーチセンター)竹澤正明(LC分析士三段、LC/MS分析士五段)

7.総括「LC及びLC/MS分析効率化の方法」(16:25~17:00)

(東京理科大学)中村 洋(LC 分析士五段、LC/MS 分析士五段)

参加費
LC 研究懇談会会員 1,000
協賛学会(日本分析化学会、日本薬学会、日本化学会)会員 3,000
その他 4,000
学生 1,000
参加申込締切後の受付は出来ませんので、ご了承下さい。
情報交換会
講演終了後 ,講師を交えて情親交換会を開催します(会費 1,000円)。
締切後のご参加は出来ませんので、参加希望者は必ず事前にお申込み下さい。
参加申込および参加費等納入締切日
2021年5月20日(木)
申込方法
参加希望者は,下記申込先にアクセスし、氏名,勤務先 (電話番号 )LC会員・協賛学会会員・その他の別及び情報交換会参加の有無を明記の上,お申込み下さい。
参加費の納入が確認出来た方には、2021年 521日以降に ① 例会サイト入場URLと② 「視聴者用操作マニュアル」をお送りします。
, 情報交換会参加費納入者には , 情報交換会サイト入場URLをお知らせ致します。
申込先
銀行送金先
りそな銀行 五反田支店 (普通) 0802349
口座名 シャ)二ホンブンセキカガクカイ
[公益社団法人 日本分析化学会 液体クロマトグラフィー研究懇談会]
問合先
(公社)日本分析化学会 LC研究懇談会
〔世話人 E-mailsho-shimaguchi@fumakilla.co.jp